ウォーターサーバーのメンテナンス

サーバーは毎日清潔できれいな水を提供できるところが特徴です。

 

そのため、サーバー自体のメンテナンスは非常に重要であり、
おろそかにはできないポイントとなっています。

 

各業者が行う本格的なメンテナンスは、おおよそが1年に1回か、2年に1回程度です。
内容はサーバーを分解して手入れをしてくれます。

 

自宅で利用の水道水については、そのまま利用しても塩素で殺菌してので、
細菌などが混入する可能性は低いですが、ミネラルウォーターには加熱殺菌などが
ないということもあり、ウォーターサーバーの衛生面には気をつけることが大切です。

 

目に見える場所については自身でお手入れをする必要があります。
天然水などおいしい水であっても、サーバーが汚れていては、意味がありませんので、
水回りは定期的にお手入れをしましょう。

 

業者によりお手入れする期間や方法には違いがありますので、HPなどで確認をしましょう。

自身でするウォーターサーバーのメンテナンス

ウォーターサーバーは業者側も、普段のセルフメンテナンスのおススメしています。
市販されているアルコール除菌剤、小さなブラシなどを利用してお手入れができます。

 

<<メンテナンス箇所>>

ボトル差込口周辺、受け皿

冷水、温水コックの穴の中

本体外側

電源まわり

本体内側のお手入れ

ウォーターサーバーの内部については、温水スイッチを常時ONにしておくことで、
清潔に保たれる状態です。

 

【ボトル差込口周辺、受け皿】
ボトル交換をする時には、できるだけ市販のアルコール除菌剤などを利用して消毒をしましょう。
差込口周辺に以前の水が溜まっていることがあります。
溜まっている水は清潔なふきんでふき取ります。

 

水が溜まったままで、新しいボトルを差し込む場合、オーバーフローして水漏れをする原因となります。

 

水受け皿も一番利用が多く汚れやすい部分なので、できれば毎日お手入れするのがベストです。
水気を拭き取り、汚れがあるときは中性洗剤などを利用します。
仕上げは清潔なふきんなどで再度磨きます。

 

【冷水・温水コックの穴の中】
コックの穴の中の状態は、常に湿っています。
そうすると空気中のチリやホコリが溜まりやすくなっていますから、気がついたときに掃除をしておかないと、
放置したままになると、異物となってコップの中に入ってくることがあります。

 

小さなブラシなどを利用して、1週間に1回くらいの割合でお手入れをすることをおススメします。
市販されているアルコール除菌剤であれば気軽に利用ができ、効果的でもあります。

本体外側のお手入れ

【本体外側】
本体の外側も清潔なタオルなどでから拭きをしておきます。
飛沫などが飛ぶこともあり、水垢がつきやすい状況でもありますから、
1週間に1回程度を目安にしてお手入れします。

 

たまに、汚れがひどい時などは、中性洗剤で汚れを拭き取り、
その後に乾いたタオルで再度拭きお手入れをします。

 

【電源まわり】
電源まわりの手入れをする場合は、先に必ず電源を切ります。
電源プラグが抜いてあることをしっかり確認します。

 

その後、チリやほこりなどを掃除機で吸い取り、軽く絞った濡れタオルなどで
汚れを拭き取っておきます。

 

電源プラグはから拭きがよいですが、少し汚れがある場合は、濡れたふきんを利用して
汚れを拭き取り、完全に乾燥をしてからコンセントに差し込みます。

≪メンテナンス有料の業者〜メンテナンス内容〜≫
アクアセレクト
サーバーレンタル料 月額500円
ウォーターサーバーの動作確認、故障箇所の修理、

又は部品交換
温水・冷水タンク内の水を抜き、殺菌洗浄水受け皿クリーニング、
蛇口部分の殺菌洗浄ウォーターサーバー本体外部のクリーニング

563円(省エネ35%)

クリクラ
サーバーレンタル料 無料
冷水と温水のコックを新しく交換、漏水のチェック水受け皿の

交換、ボトル充填部やその周りの清掃消毒、
冷水と温水のタンク内部を点検・清掃消毒

1年に一度費用は5,250円(税込)

≪メンテナンス無料の業者【メンテナンス内容】〜メンテナンス内容〜≫
アクアクララ
サーバーレンタル料 1,050円
アクアクララの工場で分解、パーツ交換、洗浄、清掃、組立て、動作確認、除菌洗浄、抗菌ペレット挿入、梱包 1年に一度無料『イヤーメンテナンス』
アルピナウォーター
サーバーレンタル料 600円
特に記載なし 2年に1度無料

コスモウォーター/フレシャス/ドリームウォーター
サーバーレンタル料 無料
基本的にセルフメンテナンス 特にメンテナンスの必要がない

通常の故障・破損では、修理や交換は無料