空容器の回収方法

ウォーターサーバーを利用することのメリットは、何といってもいつでも安全なお水を飲めることでしょう。

 

大きなボトルに入っているお水は、毎日24時間中お水も、お湯も利用ができます。
映画やテレビなどでも見かけるサーバーは、会社だけに限らず一般の家庭でも利用が多くなりました。

 

これは単にミネラルウォーターを生活の中でも取り入れるようになったことと共に、ウォーターサーバーも簡単に利用ができるようになったことです。

 

利用したボトルも回収する方法も簡単なことが要因だといえます。

ミネラルウォーター(購入側)         宅配            ボトル回収(業者側)
 空容器の回収方法

空ボトルの回収

ガロンボトルタイプ使い捨てができるワンウェイタイプの2種類があります。

 

ガロンボトルタイプでは、次回の宅配のときに新たにお水の入ったボトルと入れ替えして回収(交換)してくれます。次回の注文ときまで、空ボトルを保管しておく必要があります。

 

使い捨てするボトルタイプはワンウェイタイプクラッシャブルボトルタイプになります。

 

自身で資源ゴミとして処分をするタイプです。空ボトルは小さく折りたたみ、ペットボトルと同じように処分ができますから、社内や家庭内に空ボトルの保管スペースの心配はいりません。

 

また、毎回新しいものを使用しますから衛生面も安心です。もちろん、業者さん側で空ボトルもしっかりと洗浄・殺菌をして、新たにお水をいれますが、それでも衛生面が気になるところです。

メリット・デメリット

ガロンボトルタイプのメリット

  • ボトルを処分する手間がいらない = ゴミの処分の必要がいらない
  • 環境に優しい = 再利用なのでエコ
  • 硬くて変形しにくい = ボトルがしっかりしている

 

ガロンボトルタイプのデメリット

  • 空ボトルを置いていくスペースが必要
  • 素材が心配 = ポリカーボネートという素材

ビスフェノールAという化学物質が溶け出す可能性が心配
主に妊娠している人、乳幼児がこの物質を摂取する場合、健康などに悪影響の可能性

 

 

ワンウェイタイプのメリット

  • 保管スペースがいらない = すぐに処分できるので安心
  • 衛生面が安心 = ワンウェイタイプなので容器はいつも新しい
  • 空気が入らず衛生的 = サーバーの入れ替えも衛生的

 

ワンウェイタイプのデメリット

  • ゴミの手間がかかる = 小さな子供がいたり、仕事をしていると意外と手間がかかる
  • 見栄えはあまりよくない = ガロンボトルタイプとは、違いがある

ウォーターサーバー業者名

ウォーターボトルタイプ

内容量

アクアセレクト

ガロンボトル(業者回収)

11.35L

ドリームウォーター

ワンウェーイタイプ(使いきり)

12L

健康水.com

ワンウェーイタイプ(使いきり)

13L

ワンウェイウォーター

ワンウェーイタイプ(使いきり)

14L

富士青龍水

ワンウェーイタイプ(使いきり)

15L

フレシャス

ワンウェーイタイプ(使いきり)

7L

日田天領水

バックインボックス(使いきり)

10L

DMM ウォーターサーバー

ワンウェーイタイプ(使いきり)

7L

コスモウォーター

ワンウェーイタイプ(使いきり)

12L

オアシス

ワンウェーイタイプ(使いきり)

12L

エターナルアクア

ワンウェーイタイプ(使いきり)

12L

Mizの樹

エコバック(使いきり)

10L

恵ウォーター

ワンウェーイタイプ(使いきり)

12L

北アルプスから8リットル

ワンウェーイタイプ(使いきり)

8L

クリティア

ワンウェーイタイプ(使いきり)

12L

アクアリズム

ワンウェーイタイプ(使いきり)

12L

クリクラ

ガロンボトル(業者回収)

12L

アクアクララ

ガロンボトル(業者回収)

12L  8L

オーケンウォーター

ワンウェーイタイプ(使いきり)

12L  9L

アルペンピュアウォーター

ガロンボトル(業者回収)

995円(12L)

TOKAIおいしい水の宅配便

ガロンボトル(業者回収)

12L

AW・エア・ウォーター

ガロンボトル(業者回収)

12L

クリスタルクララ名東

ガロンボトル(業者回収)

12L

アクアクララ六甲

ガロンボトル(業者回収)

12L  8L

宅水便のキララ

ガロンボトル(業者回収)

12L