ウォーターサーバーを選ぶポイント

映画やテレビドラマなどで見かける「ウォーターサーバー」は、ここ最近はオフィスや病院だけでなく、幼児施設まで設置されて、一般家庭でも当たり前のように利用されています。

 

オフィスであれば、安全なお水だけでなく、温かいお湯まで利用ができとても便利です。
家庭では、リビングやキッチンでも使えたり、子供や赤ちゃんが利用できるよう「ウォーターサーバー」の利用方法もそれぞれ目的に合わせて使われています。

 

業者もここ数年急激に増えています。自分の生活に合った業者や「ウォーターサーバー」を選べるようになっています。

 

では、「ウォーターサーバー」をセレクトするのに、何を基準に選べばよいでしょうか?レンタル料金、ミネラルウォーターなど水の種類、ボトルの使用タイプ、地域宅配など選ぶ基準はさまざまです。

 

ウォーターサーバーの安全面で選ぶ

「ウォーターサーバー」を選ぶための重要ポイントは、利用するライフスタイルや健康状態に沿った安全であることも大切な要素です。

 

有名な企業であれば、「衛生面」では心配ないだろうと思い込んでいませんか?
しかし、ウォーターサーバー会社が供給しているミネラルウォーターは、ほとんどが逆浸透膜を使い不純物を取り除き作られていることが多いです。

 

しかし、塩素がないために殺菌性がなく、限りなく真水に近い状態です。
そのために、逆に不純物が混ざりやすい水になりますから、衛生面では大丈夫なのかと、心配になります。

 

業者は企業それぞれで、地方の小さな業者では自らメンテナンスをしていたり、大手の業者においては、メンテナンス専用の工場があったりと格差があります。

 

そういうことを考慮すると、サーバー自体の性能や、ボトル本体などの使用・管理方法などで左右されることでしょう。

ウォーターサーバーの利便性で選ぶ

「ウォーターサーバー」を利用するのであれば、まず「レンタルシステム」と「購入タイプ」を選ぶ必要があります。
サーバー月額レンタル料と購入費用など、ずっと利用することだけではなく、メンテナンス面も考慮する必要があります。

 

回収方式は、空ボトルを宅配日などに無料回収するリターナブル方式と、使い捨て方式は、使用済みの空ボトルを家庭用のゴミとして、つぶして廃棄するワンウェイ方式があります。

 

空ボトルの回収方法も「ウォーターサーバー」を選ぶ重要なポイントになります。
また、「ウォーターサーバー」は、設置スペースが必要になることで、デメリットでもあります。

ウォーターサーバーの利用料金

ウォーターサーバーの価格については、毎月必要なサーバーレンタル料と水の料金が必要になります。半年〜2年間程度の利用で必要になってくるサーバーレンタル料、メンテナンス料金に分けることができます。

 

料金だけで考えると、水の料金が安価であっても、ウォーターサーバーのレンタル料に毎月かかると最終的に割高になるかもしれません。
無料のウォーターサーバーなど、自分の生活にあったものを探しましょう。

★口コミなどで人気があるウォーターサーバーベスト3★

               
商品名
サーバー

レンタル

水の代金

タイプ

宅配地域

                  

おススメ度

無料

2,000円から/20リットル

ワンウェイ

全国
北海道・沖縄-有料

阿蘇山のバナジウム天然水★★★
無料

1,890/日田源泉水

1,890円/バナジウムくん

1,680円/夢の天然水

※12リットル

ワンウェイ
本州・四国・九州
京都の美味しい天然水を産地直送★★★
1,050円/月
1,260円/12リットル
ガロンボトル
全国
「富士のバナジウム

天然水」ミネラル

が豊富★★★★

ワンウェイ = 使い捨タイプ   ガロンボトル = 再利用ボトル

水の種類で選ぶ

「ウォーターサーバー」の水は、「RO水」と「天然水」に分けられます。

 

「RO水」とは、通常の「ろ過システム」では除去が不可能な「トリハロメタン」や「ダイオキシン」、「ホルムアルデヒド」、「0-157」などをミクロレベルのフィルター「逆浸透膜(RO膜)」で不純物まで除去することで、極めて純水に近い水に仕上げることから、ピュアウォーターとも呼ばれます。

 

 

一方「天然水」とは、日本各地にある特定水源にて採水されている水になります。

≪硬水と軟水の違い≫

「水の硬度」とは、水に含まれるカルシウムとマグネシウムの量を数値化したものです。この数値が高いものを「硬水」、低いものを「軟水」と言います

 

硬水は日本人には飲み慣れないせいもあり、やや飲みにくいと感じる人が多いようです。
しかし、硬度が低い水だからと言って、おいしく感じる訳ではありません。硬度がゼロに近いほど、味が物足りなく感じてしまいます。

 

「おいしい」と感じる水とは、適度に硬度がある方がおいしいと感じるようです。
水には利尿作用もありますので、ダイエット中の方や健康志向で積極的にミネラル分を摂取したい人には人気があります。

 

「ウォーターサーバー」に使用されるナチュラルミネラルウォーターは「軟水」が多く、カルシウムとマグネシウムを適度に含んでいる、味わいのあるおいしい水になります。

 

健康維持のためにはミネラル成分の多い「軟水」が良いですが、日本人には、クセの少ない「軟水」はなじみも深く、特にご飯を炊くには、ふっくらと炊きあがります。
またダシを使う和風料理などにもおススメです。
コーヒーやお茶にも良く味が出る「軟水」が適しています。

 

水の硬度について

硬水

0〜60mg/L未満

中軟水

60以上〜120mg/L未満

硬水

120以上〜180mg/L未満

高硬水

180mg/L以上